2010年07月22日(木)

2010 6/27〜7/4 エーランド島 / カペラゴーデンのサマーコース [旅]

画像(468x351)・拡大画像(640x480)

カルマル駅前

体調が悪い中、コペンハーゲンから今度はスウェーデンのエーランド島へと向かいました。カペラゴーデンという学校のサマーコースに参加するためです。日本ではいろんなメディアで紹介され関心のある方も多いのではないでしょうか。

CAPELLAGARDEN

学校のあるエーランド島へはカルマルという街からバスで入ります。コペンからカルマルへの道中、学校からのお知らせ(名簿、スケジュール等の情報)を眺めていると、到着予定日が翌日であることが判明。急きょカルマルで一泊することにしました。

画像(468x351)・拡大画像(640x480)

翌朝、バスで学校に向かいました。ネットでの事前の情報どおり運転手さんにカペラゴーデンに行きたい旨を伝え、学校の近くで下ろしてもらいました。

画像(468x339)・拡大画像(640x464)

サマーコースは3期に分かれていて、その1期目の木工旋盤のコースに参加しました。第1期は他に水彩画、生木を使った小物を作るコースがあり、最終日には各コース、つくったものを展示してのパーティがありました。

木工旋盤のコースの参加者は12名で、本科からの参加者も3名いました。
授業はスウェーデン語で行われるのですが、幸運にもスウェーデンに長く住まれている日本の方が参加されていて、お願いして講義中に通訳していただきました。

画像(468x351)・拡大画像(640x480)

内側用のちょっとかわった刃

普段の仕事では椅子の丸棒などで旋盤を使いますが、形状がストレート、かつ大量につくるので、普段は送り装置がついた旋盤(過去記事)を使っています。
そのため手での加工経験はほとんどなく、きちんと習ったこともありませんでした。
また、端材活用として器がつくれたらいいなと前々から考えていたので、良い機会だと思いこのコースを選択しました。

写真は最終日、工房の端材置き場から探してきた栗の木を使って器をつくっているところです。日本式の椀を作ってみようと、生木の器の一般的な繊維方向とは直行して木取りました。

画像(468x351)・拡大画像(640x480)

近くの街で買ってきたケーキ

ヒナはカペラ滞在中に3歳になりました。
自然がいっぱいの環境で裸足であたりを駆け回り、のびのび過ごしてるようでした。

環境が良いのもあって、僕の体の調子も滞在3日目には良くなりました。

画像(468x351)・拡大画像(640x480)

園芸科の校舎?

カペラゴーデンでの1週間は間違いなく良い経験になりました。
園芸科の新鮮な食材を使ったヘルシーな料理、緑あふれる美しい風景、講義のクオリティー、すばらしい製作環境だなと思います。

写真はコースが終了して出発する前、園芸科主催のカフェにて。

画像(351x468)・拡大画像(480x640)

お城の中庭

カペラを発った日の午後は、講義でお世話になった日本の方に連れられて、ボリーホルムのお城で開催されているカペラゴーデンの展示会を見に行きました。
箱もののつくり方の違いが特に興味深く、全体として隅々まで気の行き届いた丁寧な仕事だなと思いました。

Posted by r at 11時25分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://dp32071417.lolipop.jp/blog/tb.php?ID=139

ページのトップへ ページのトップへ

Blog | Ryohei Yazawa



検索


カテゴリーリスト

最近の記事

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2003-2013 Ryoehi Yazawa All rights reserved.